これから留学するとしたら

これから留学するとして学びたいことといえば、語学はもちろんのこと、その国の「人と社会」。
言葉を学ぶだけであれば、わざわざ外国に足を踏み入れる必要はないと思っている。
語学を勉強しながら、覚えた言葉でその国の人と会話を交わし、積極的に文化を学んでいきたい。
そのためにはまず、衣食住を知っていきたい。
なぜなら、衣食住は生活の基礎的なことである為、その国の特徴などが色濃く、解りやすく表れており、また日常会話を上達させやすいと思うからだ。
ただその土地で生活するのではなく、その国の衣食住の一部を意識的に共に吸収していくことで、その国の人に対する理解が深まっていき、社会を知っていくことができると思う。
そうして、世界との繋がりを持てるような留学をしたいと思う。
そうでなければただの旅行と大差ないと感じる。
私の学生時代の担任教師は、アマチュア無線をとおして世界の人と会話を交わしていた。
ある日、その無線で知り合った方が仕事で来日し、先生を訪ねてきた際に、私もご一緒させて頂き大変楽しい時間を過ごした事がある。
この経験が今の私の考えの基になっていると感じる。

Copyright (C)2017留学準備 A to Z.All rights reserved.