語学を学ぶには有効

留学することは自体は語学を学ぶ上でなかなか有効な手段の一つであると俺は思う。
だが、親子で留学するということにはあまり賛成できない。
なぜかといえば、お互いが依存しあってしまうからである。
異国へ一人で来たというのと、親子など同じ母国語を話す人間と来たということではどうしても精神的なプレッシャーが違うと思う。
いつか何かあっても近くに親がいる、子がいると思うと自分でトラブルなどに立ち向かう姿勢が養われないうえに、「何かあれば聞けばいいや」と安易な方向にはしってしまうこともないわけではないだろう。
ましてや一緒に留学するような親子ならば仲がそう悪いとは思えないから「お互い騙したりはしない」という暗黙の了解があるうえで何の心配もなく相談や話し合いができてしまう。
俺が考えるには、トラブルを解決するために相談する相手を自ら見つけだしていくのも勉強になると思う。
ヘタな人間に相談して、「アドバイスしたんだから金よこせ。
」と言われて追いかけられることもあるだろう。
そういった苦い体験も外国の文化を学ぶという意味で重要だと思う。
ある程度の精神的なプレッシャーは頭の回転をよくしてくれる。
俺から言わせてもらうと「留学するなら一人で行け」ということである。

Copyright (C)2017留学準備 A to Z.All rights reserved.